SAMPLE SITE

SAMPLE SITE

Welcome to...ご挨拶

棒手裏剣の世界へようこそ。
この競技大会は、世界中にいる棒手裏剣の愛好家や剣士達によって、流派や団体の垣根を越えた技術研鑽の場として合同で作られたもので、予選100人を超える規模としてはこれまでになかった大会です。
棒手裏剣技は安全性に配慮すれば、金属棒1本で年齢にかかわらず楽しめる世界です。
東京オリンピック開催の2020年、あなた自身も世界の剣士を相手に戦ってみませんか。初心者から既に稽古歴の長い方、老若男女問わず、広くエントリーをお待ちしています。

毎月予選あり。各種目10位以内が決勝戦進出

棒手裏剣の楽しみを多くの人に知って欲しい。その願いを込めて、毎月予選を行い、各種目の10位以内が決勝戦に進出できるという方式を取りました。当月に10位に入れなくても、翌月以降、またチャレンジできます。また、審判員の都合が合えば、競技日以外にも予選を行うことが可能です。(決勝戦は1日だけです。)
予選を通じて、棒手裏剣の扱いや基礎知識を広め、そして決勝戦のトップを目指す高揚感を沢山の人と共有できるような競技会にしました。ぜひ老若男女、国籍にかかわらず奮ってご参加ください。

各流派の棒手裏剣を使用できます。

日ごろ稽古で使っている自流派の剣で参加できます。銃刀法に触れない範囲内で金属棒を削ったものでも参加可能です。(ただし、会場の都合で、重量には制限があります。)詳しくは競技規定をご覧ください。



匿名で出場し、入賞したら名前を本名に直せます。

予選は匿名で戦い、決勝で入賞後に名前を変更しても良いことにしました。各種認定証も本名でも匿名でもどちらでも取得可能です。ただし、予選エントリー時に提出書類に身分証明書のコピーの添付が必要です。負けてはいけないお立場の方も気軽にご参加いただけます。

師範免状が授与されます。

すべての種目(男性は女王戦を除く)で規定の点数をクリアした方には、決勝戦当日と後日のインターネットを通じた安全管理指導研修や知識講習を受けていただくことで、師範免状が授与されます。

称号が授与されます

既に模範剣士として棒手裏剣競技の広がりを支えてくださっている方には「範士」を。
チャンピオンには「剣王」及び「女王」、その他点数によって「剣聖」「剣武」「剣仙」「師範位」などの称号が授与されます。皆様の人生の彩りに加えてください。詳細はこちら

あなたの打剣が誰かの役に立ちます。

予選参加費の一部を、NPO法人の活動に寄付させていただきます。あなたの一打一打が、誰かの幸せに変わります。ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。